関東地区(東京)

DV-Xα分子軌道計算講習会 

主催:DV-Xα研究協会

後援:東京工業大学

協賛予定学協会:()日本化学会 ()応用磁気学会

日本鉱物学会()粉体粉末冶金協会錯体化学会錯体化学若手の会()溶接学会

()日本化学会()日本薬学会触媒学会()日本材料学会()電気化学会

無機マテリアル学会()資源・素材学会日本希土類学会()日本原子力学会

()応用物理学会日本物理教育学会日本ポーラログラフ学会日本コンピュータ化学会

()日本天文学会()可視化情報学会日本バイオマテリアル学会日本放射線化学会

日本歯科理工学会()日本物理学会ナノ学会日本高圧力学会()日本エネルギー学会

()日本セラミックス協会日本結晶学会()日本分析化学会()近畿化学協会

()日本金属学会()日本分光学会炭素材料学会日本放射光学会光化学協会

日本結晶成長学会ケイ素化学協会()日本機械学会 

今回の講習会は、これからDV-Xα分子軌道計算を始めてみようという方向けに、講義&実習形式で行います。午前(10時〜12時)は講義形式、午後(13時〜16時)は一人一台のパソコンを用いての実習形式です。会場には、DV-Xαおよび三次元可視化システムVENUSが予めインストールしてあるパソコンが、参加者数分(50台)用意してあります。

会場の東京工業大学大岡山キャンパスは、品川駅から京浜東北線で隣の大井町駅へ行き、東急大井町線に乗り換えて、15分弱で大岡山駅に着きます。是非この機会にご参加をご検討ください。詳細は大学HP(http://www.titech.ac.jp)をご覧ください。

参加ご希望の方は、DV-Xα研究協会事務局(dvxa@e-mail.jp)宛のe-mailに講習会参加ご希望旨を明記し、お申し込みください。

参加費は、主催・協賛学協会の正会員は10,000円、主催・協賛学協会の学生会員は5,000円、非会員 20,000円です。

なお,主要な学協会ほかに協賛をいただけるよう手続きしております。協賛学協会の会員の方は、DV-Xα研究協会の会員と同額の参加費でご参加いただける予定です。お近くの方でDV-Xα法にご興味をお持ちの方がおられましたら、是非、本講習会をご紹介ください。協賛をいただきました学協会に関しましては,後日ご連絡をいたします。

日時  2007(平成19)1 24 () 10:0016:00
場所  講義(午前):東京工業大学原子炉工学研究所

       北1号館1階会議室

実習(午後):東京工業大学 学術情報センター

       3階第一実習室

(152-8550 東京都目黒区大岡山2−12−1)

講師  足立裕彦(京大), 小和田善之(兵教大)
趣旨  これからDV-Xα分子軌道計算を始める初心者向けの講習会

※Windowsパソコンを使ったことのある方なら、分子軌道計算の経験が全くない方でも大丈夫です。

 DV-Xα法の紹介につきましてはこちらをご覧ください

内容  10:0012:00 DV-α法について(足立)

13:0013:30 DV-α法計算結果の三次元可視化(小和田)

13:3015:00 Windowsパソコンによる計算実習(小和田)

15:0016:00 計算についての質疑応答(足立、小和田)

定員  50名(申し込み先着順)

定員(50)を超えた場合は、下記申込締切(12/15)前であっても、

 その時点で申込を締め切らせていただきます(実習に用いるパソコン台数が70台であるため)

 参加ご希望の方は、お早めにお申し込みください。

申込締切  平成181215()

開催直前まで参加申込受け付けます。

是非、お早めにお申し込みください。

テキスト  できましたら、テキスト『はじめての電子状態計算』(三共出版)

事前に書店等でご購入の上、ご持参ください。

実習に用いるWindowsパソコンは会場に人数分準備できておりますので持参不要です