学部卒業論文題目一覧

昭和60年度 --- 平成23年度卒業


平成26年度(30期生)

 小山 若奈 : 

 高田 佳希 : 

 畑中 浩佑 : 


平成25年度(29期生)

 小坂 幸弘 : 

 繁竹 沙耶香: 

 平野 愛  : 

 福本 裕紀 : 

 松本 昌恵 : 

 柳生 彩夏 : 


平成24年度(28期生)

 足立 駿太 : 

 寶田 光太朗: 


平成23年度(27期生)

 金森 貴俊 : 人工降水と人工気象シミュレーション装置を用いた銅版の腐食要因の研究

 岸 達也  : オキシドールロケットの原理と反応

 松下 周平 : 放射線感受性を有するフォトクロミック色素の開発

 矢野 真菜美: pH指示薬含有チタニアゲル薄膜の作製とpH応答性


平成22年度(26期生)

 一番合戦 佳代 : 高分子を添加したチタニアゲル薄膜の作製と色素増感太陽電池への応用

 田中 秀平   : 兵庫、秋田、福井における大気中に暴露した銅板の腐食過程の比較・検討

 畑 咲江    : DV−Xα分子軌道計算法による酸化チタン表面に吸着した色素の電子状態

 藤岡 浩二   : 水晶振動子マイクロバランス法を用いた大気中に暴露した銅の腐食過程の研究

 藤本 裕介   :  フォトクロミック色素を用いた放射線検知法の開発


平成21年度(25期生)

 木村 翔一  : チタニアゲル薄膜を用いた色素増感型太陽電池の作製

 谷田 高輝  : 水滴誘導起電機による電気発生機構について

 西村 英里子 : 気象シミュレーション装置を用いた銅版の腐食過程における研究

 浜岡 雅俊  : ジアリールエテン誘導体を用いた紫外線検知材料の開発


平成20年度(24期生)

 織田 鮎子 : 

 中村 隼也 : 

 前田 宏平 : 備長炭電池の化学 〜発電時間の延長を目指して〜

 山本 剛士 : 


平成19年度(23期生)

 川久保 達弘 : 

 平上 摩耶 : 希土類イオンを含むリン酸塩ガラス及びシリカゲルの吸収・蛍光スペクトル


平成18年度(22期生)

 野間 祥子 : DV-ME法によるリン酸塩ガラス中における遷移金属イオン及び希土類イオンの吸収・蛍光スペクトル

 橋本 芙美 : リン酸塩ガラス中の希土類イオンの吸収・蛍光スペクトル

 古垣 祐子 : 市販ジュースを用いた果物電池の研究


平成17年度(21期生)

 上島 早織 : 液液界面におけるポルフィリン化合物の吸着状態に関する分光学的研究

 門脇 美希 : 有機・無機複合ゲル中の塩基度の調整

 亀本 慎一 : 燃料電池の作製 ーレモン電池から燃料電池までー


平成16年度(20期生)

 伊藤 寧  : 水晶振動子マイクロバランス(QCM)法を用いた界面活性剤の吸着現象に関する研究

 中西 淳  : ゾルーゲル法における消化酵素によるゲル化機構の検討

 屋敷 和也 : 三草川,千鳥川における水質の季節変動と降水の影響調査


平成15年度(19期生)

 世良 悦子 : ゾルーゲル法による機能性色素含有ゲルの作製と評価

 藤本 哲也 : 反射分光法による液液界面吸着化学種の測定


平成14年度(18期生)

 岩井 康浩 : DV−Xα分子軌道計算によるナトリウムイオン伝導性酸化物の電子状態

 小林 未央 : 電解質水溶液系における熱起電力についての研究

 日野 葉子 : 環境水中のCODと炭の吸着除去について


平成13年度(17期生)

 加藤 洋節 : 化学修飾されたチタンアルコキシドから得られるゲル膜の光感応性

 近藤 和徳 : コバルト・チオシアン酸錯体形成反応を利用した比色並びに吸光度測定によるアルコール度数の測定

 佐々木 麻里: ゾルーゲル法による滑水性有機ー無機ハイブリッド薄膜の作製

 永冶 江美 : 水晶振動子を用いた界面活性剤の吸着現象についての研究

 山元 慎一郎: (数学へ移籍)


平成12年度(16期生)

 稲本 悠  : 不斉炭素を有するフルオロアルカノールを鍵化合物とした機能性材料の合成研究

 藤原 美紀 : ゾルーゲル法による滑水性薄膜の作製

 三木 啓子 : 


平成11年度(15期生)

 五百尾 尚美:  ゾルーゲル法によるガラス表面の疎水性制御

 尾上 昌希 : 反強誘電性液晶素子となる光学活性含フッ素アルカンジオールの合成

 中谷 多希子: 新規光学活性含フッ素アリルアルコールの絶対立体配置解明のための研究

 中西 健  : ゾルーゲル法による有機色素含有酸化物薄膜の作製と可視紫外吸収スペクトル


平成10年度(14期生)

 細見 隆昭 : β- ジケトンにより安定化された金属アルコキシドの電子状態と紫外可視吸収スペクトルの計算


平成9年度(13期生)

 伊藤 幸範 : 相分離を用いた撥水性ゲル薄膜の作製
 上山 雅史 : Cronupapineの合成研究−光学活性第3級アルコール合成中間体 の創製−
 小篠 恵美 : 色素の溶媒効果−酸解離平衡と溶媒組成の関係−
 丸岡 正朗 : 色素化合物の吸収スペクトルの計算


平成8年度(12期生)

 猪野利枝子 : 有機溶媒中リパーゼ不斉アシル化反応におけるクラウン化合 物の添加効果(アシル化剤の検討)
 中川 寛子 : 化学実験教材の再検討とマルチメディア化
 中山 志津 : 水素イオン濃度測定法の比較検討−雨水などの低導電率水溶液に 対して−
 


平成7年度(11期生)

 石田 雅敏 : pH指示薬含有シリカゲル薄膜の特性
 尾崎 寿彦 : 有機溶媒中リパーゼによる不斉アシル化におけるチアクラウンの 添加効果
 寺本 淳  : 生体触媒反応を活用した光学活性アリルアルコールの合成
 三好 裕孝 : 色素の溶媒効果〜酸解離平衡定数のアルコール含量に対する依存 性
 


平成6年度(10期生)

 井上 真希 : 色素の溶媒効果−酸解離平衡と溶媒組成の関係ー
 荻野 幸子 : 8-ヒドロキシ-1-メチルキノリニウムの性質とその教材化
 竹内 良絵 : テフロン微粒子分散撥水性シリカゲル薄膜の作製
 二宮 弘子 : 炎の色の分光的測定及びその教材化
 弘中 聡  : 有機色素含有ゲル・コーティング膜の作製


平成5年度(9期生)

 青谷 直子 : 有機色素含有機能性ゲルの作製
 井原 糸香 : チオシアナト・コバルト錯イオン形成を利用した種々のアルコー ル飲料中のアルコール含有の測定法の開発
 藤田 義一 : 色素の吸収スペクトルの溶媒効果
 松永 典子 : フェノールフタレインの退色反応を利用した反応速度測定の教材 化
 南屋 和寿 : 鉄(II)イオンと硝酸による時計(アラーム)反応機構に関する研究


平成4年度(8期生)

 大畑 律子 : 塩化コバルトのサーモクロミズム
 香山真由美 : CNDO/S法による簡単な有機化合物の分子軌道計算
 絹田 景輔 : 色素化合物の溶媒効果
 白石 祐二 : 金属鉄と酸との反応
 山本 真理 : 有機色素含有乾燥シリカゲルの作製


平成3年度(7期生)

 小西 正子 : ゾル・ゲル法による着色ガラスの作製
 古川 英司 : 簡単な有機化合物の合成とその電子スペクトル
 山添 修  : 金属鉄と酸との反応


平成2年度(6期生)

 斉藤 正幸 : 金属鉄と酸との反応
 村上 英子 : ゾルゲル法によるガラス生成
 渡辺 真  : コンピューターを用いた原子,分子の理論計算


平成元年度(5期生)

 青山 香代 : マンガン化合物の分子軌道計算
 赤尾 敏一 : 定性分析実験法の改良
 上山 昌秀 : 金属鉄と酸との反応
 小林ゆかり : リン酸銅の生成


昭和63年度(4期生)

 浦田 武  : 金属化合物沈殿の生成について
 小阪 文哉 : 金属化合物沈殿の生成について
 小齊平憲男 : 金属化合物沈殿の色について
 竹原 千恵 : 金属化合物沈澱の色について


昭和62年度(3期生)

 佐々木英子 : 加熱卵における硫化鉄の形成
 大野 龍  : パーソナルコンピューターによる有機化学反応の図示
 中山 美幸 : 溶存イオン種のラマンスペクトル
 橋本 明子 : 酸化物中の金属イオンの電子状態について
 藤原 学  : 水溶液中のイオンの挙動について
 山根 里美 : ガラス中の金属イオンの色について


昭和61年度(2期生)

 小林 良弘 : 水酸基性溶媒中におけるヨウ化物と含窒素塩基とのMenschutkin反応の検討
 武村まゆみ : 金属塩の単結晶生成と吸収スペクトル
 藤井 里栄 : 均一沈殿法によるAl共存化のFeの定量


昭和60年度(1期生)

 小竹 義和 : 酸化チタン鉄の単結晶生成
 津田 節代 : SN2反応における溶媒の効果
 山脇 幸美 : ガラス中金属イオンの吸収スペクトル
 向井 邦彦 : マイコンによる化学CAI
 西野 泰弘 : Ni(DMG)2沈澱の生成に対する温度効果の検討
 今西 和子 : ラマン分光法による正四面体型オキソ酸イオンと強電解質イオン の水溶液内相互作用



  誤りなどがございましたら kihara@sci.hyogo-u.ac.jp まで