秋田の降水(雨水と雪水)中の水素イオン濃度とpHの季節変化



預幡哲也,小川信明,梶川正弘(秋田大学・教育学部)の測定による
(1994).

  • 冬期(12月から1月)の降水(雨水や雪水)のpHが他の季節より低くなっています.

  • また,水素イオン濃度は,冬期(12月から1月)の降水中に多く含まれ,他の季節では少なくなっています.

  • 同時に測定したイオンでは,ナトリウムイオンや塩化物イオンが,冬期に多くなっています.海塩起源のこれらのイオンが秋田の降水中に含まれる主要イオンです.