小池 敏司(教授)


幾何学担当 -------- 個人のwebページ  

専門分野

 微分位相幾何学。主として実特異点論と実代数幾何学に またがる分野の研究。


大学院のゼミ紹介

 ゼミ生の研究テ−マについては、原則として自分自身で決めて もらうことにしていますが、どうしても決めかねるという場合には アドバイスもしています。
 幾何学は使えるものはなんでもありの分野なので、解析的手法や 代数的手法、ロジックを用いた幾何学もゼミの中で扱っています。 過去のゼミとしては、専門の特異点論や微分幾何、フラクタル幾何、 メビウス変換といった幾何関係以外にも、測度論や微分方程式論といった 解析学の内容を多く含んだものやADE分類に関する代数的なものもあります。 


学部のゼミ紹介

 小学校・中学校の算数・数学の中で初等幾何学の内容が多く扱われている ということもあり、それに関連して、等長変換(合同変換)の分類や 正多面体群の題材を含んだ内容のゼミが以前は多かったです。 でも最近の傾向としては、(初等)幾何学の内容の身の回りとの係わりや 他の数学分野などへの応用を扱った内容のゼミが増えてきました。 将来、小学校・中学校(高等学校)の先生になったとき、そこで学んだことを 総合分野の題材選びや数学の発展問題の作成の上に役立ててくれればいいなと 思っています。


   E-Mail : koike@hyogo-u.ac.jp 



 自然系教育分野HomePageへ