濱中 裕明(准教授)


幾何学担当 -------- 個人のwebページ  

専門分野

代数的位相幾何。特に、リー群、H空間に関するホモトピー論的研究

大学院のゼミ紹介

ゼミ生に合わせて 臨機応変に内容を選んでおりますので、 いままでのゼミ内容は ゼミ生によってまちまちです。 トポロジーに興味があるというゼミ生とは 代数的位相幾何や、微分位相幾何 といった内容のゼミをすることもありますし、 大学の学部からのストレートの院生とは 応用数学的なことや、組み合わせ位相幾何のような題材 (例えば、フレームの安定化、図形の分割合同性、4色問題等) を通して 線形代数等の基本的な理論を習熟させ、応用するようなゼミ を行うことが多いです。 具体的な研究テーマでなくても いいですから、 自分が 大学院で何を得たいのか 目的をはっきり持って 進学してくれるとうれしく思います。


学部のゼミ紹介

組み合わせ位相幾何や、球面幾何の内容を、従来のゼミでは扱って来ました。
三叉路では 信号のパターンをどう配置すれば なるべく待ち時間が少なくなるでしょうか?
ピンポン球に、同じ大きさのピンポン球は 同時にいくつ接することが できるでしょうか?
12個の都市の間に道路をつくる時、 どの4つの都市が通れなくなっても、全体として 繋がっているようにすることが出来るでしょうか? 5つならどうでしょう?
ゼミでの発表を通して、人にきちんと整理立てて説明する力を養い、 数学的な発想の面白さを味わって欲しいと思います。

   E-Mail : hammer@hyogo-u.ac.jp 



 自然系教育分野HomePageへ