過去の修士論文タイトル一覧/平成11年度 以降

昭和57年度 --- 昭和63年度
平成元年度 --- 平成10年度

平成11年度

 岩木 泰孝 : Seiberg-Witten理論について
 國政 弘行 : 特殊関数とその応用について
 西村 信一 : ワインガルデン写像による曲線と曲面の考察
 樋口 雅一 : 高等学校における微分法の基礎づけについて
 福元 裕樹 : 公開鍵暗号とShorのアルゴリズム
 古本 浩之 : 伊藤解析に基づくBlack-Scholesモデルの考察
 吉川 智功 : 空間曲線の研究
 渡部 一功 : 閉曲面におけるグラフの最小彩色数について


 磯上 資明 : 中学校数学における関数学習の研究
 中  智伸 : 数学教育における例題学習に関する研究
 中村 昌平 : 算数・数学授業における教室文化に関する研究
 浜瀬 輝  : 中学校数学における「文字式を使った論証」教材の研究
 前田 雅利 : 小学校算数におけるかけ算・わり算文章題の難易レベルに関する研究
 山本 恵三 : 算数学習における比例的推論の活用に関する研究

平成12年度

 藤井 幹裕 : 円の詰め込みに関するFürediの定理について
 藤井 康生 : 江戸時代の数学の研究 ー だ積について ー
 横井 雅一 : 関数空間と超関数について


 芦田 俊彦 : 数学的モデリングの導入に関する考察 ー中学校への導入を中心にしてー
 竺沙 敏彦 : 学校教育における現実の問題を解決するための数学的モデリング活動に関する研究
 土屋 羊子 : 数学教育におけるアルゴリズムに関する研究
 西尾 義男 : 小学校算数におけるかけ算・わり算文章題の困難性の研究 ー 問題状況と数値の違いに着目して ー
 山崎 和宏 : 小学校算数における分数の理解に関する研究

平成13年度

 脇田 伸男 : 整係数2元2次形式について
 河田 悟  : 低次元格子の固定について
 森本 美紀 : 独立確率変数の和に関する極限定理について
 大西 正悟 : 高速フーリエ変換のアルゴリズムに関する基礎研究


 小倉 剛  : 数学の学習方略に関する研究
 窪田 雅彦 : アナロジーによる文章題指導の研究
 田中 克三 : 中学校数学における文章題の類似性に関する研究

平成14年度

 上島 和久 : 2次体の整数環について
 荻野 智夫 : 確率微分方程式とその線形フィルターへの応用
 岸本 章  : Mathieu群とConway群について
 坂田 匡宏 : 変分法による最大・最小問題について


 川和田 亨 : 算数・数学の学習指導におけるに反省的活動に関する考察
 中谷 誠  : 算数学習におけるかけ算・わり算文章題の演算決定に関する研究

平成15年度

 大迎 規宏 : 可解な5次方程式について
 坪田 毅  : 「無限」についての考察 : オイラーの無限級数論を通して
 鳴戸 光裕 : 統計的推定問題とフィッシャー情報量
 濱田 和哉 : コホモロジーの積について
 弘瀬 高浩  : トーリック多様体とニュートン図形を用いた空間曲面の描画法
 山本 道康  : 相対論的場の量子論の基礎的研究
 吉田 拓生  : 多面体の分解合同とはさみ合同群


 高田 政和  :  教科「数学」と「情報」の関わりに関する研究
 石井 浩二  : 中学校数学における関数学習に関する研究 : 表・式・グラフと問題解決力との関連
 梶  孝行  :  数式の計算の順序に関する研究
 山崎 秀哲  : 算数学習における見積もり活動に関する研究
 田中 泰慶  : 中学校数学における文字式の概念形成に関する研究 : 文字式のプロセプト的見方を中心にして

平成16年度

 有住 朋子 :  結び目のジョーンズ多項式と最小交点数
 本井 啓介 :  ヤング図形の組合せ論
 矢吹 至弘 :  フィボナッチ数列について


 作倉 誠  :  「数学教育における論理的思考力に関する研究」
 山田 禮基 :  シンガポールの中学校数学に関する研究
 米丸 伸一 :  小学校算数におけるかけ算・わり算文章題の困難性に関する研究

平成17年度

 貝畑  健太  :  算数科における「発展的な学習」の研究
 川下  孝幸  :  算数教育における類似探求授業の研究
 山口  耕   :  算数学習における絵図的表現の研究


平成18年度

 新垣  晶子  :  高等学校数学科における微積分分野の教材開発研究
 糟谷  仁志  :  Riemann-Roch の定理について
 刀根  幸乃  :  数学を身近に感じることができる教材開発について−「石けん膜の性質」を中心に−


 山田  浩貴  :  文章題の解決における問題スキーマの役割とその構成に関する研究

平成19年度

 桑原 利通 : 有限試行の無限回反復を実現する確率空間について
 島田 敏寿 : 解析学の基礎と高等学校数学
 堂脇 寛子 : 敷き詰め模様の分類 −平面運動からの考察 −
 細野 隆  : 差分化について


 磯見 恵  : 数学の発展的な学習における「問題づくり」の研究
 加藤 ゆみ : 数学教育における「読み」に関する研究
 坂井 武司 : 算数教育における割合の考え方の構成に関する研究
 高藤 大輔 : 算数学習における自己調整能力の育成に関する研究
 福永 康彦 : 小学校算数における小数を含むかけ算・わり算文章題の解決過程に関する研究
 福本 稔  : 教授学的状況理論を視座とした証明の教授・学習に関する研究

▲ 数学教室ホームページに戻ります
△ 一つ上に戻ります
 ■このページは 濱中 が管理しています。
 ■ご意見・ご要望,誤りなどがございましたら hammer@sci.hyogo-u.ac.jp まで。